ジャパンいちば

ニュース

News

ジャパン

自家診療での返戻発生!

【自家診療とは?】

自院のご家族や職員を施術することを「自家診療」といいます。

 

保険者によって、「自家診療」での返戻が発生しています。

 

ご家族や職員の方であれば、一部負担金を受け取らず施術をされている方が大多数ではないでしょうか?

一部負担金については算定基準の留意事項にも記載があります(※下記一部抜粋)

 

 


 

一部負担金について】

柔道整復師の施術に係る算定基準の実施上の留意事項における一部負担金は以下のとおりです。

1 「柔道整復師の施術に係る療養費について」により、 受領委任の取扱いとすることが認められている施術所において、患者から支払いを受けることとされている一部負担金に相当する金額は,健康保険法,高齢者の医療の確保に関する法律等の規定に基づき、施術に要した費用に10分の1、10分の2又は10分の3を乗じた額であること。

2  施術所の窓口での事務の負担軽減を考慮し、患者が一部負担金を支払う場合の10円未満の金額については、四捨五入の取扱いとすること。また、施術所の窓口においては、10円未満の四捨五入を行う旨の掲示を行うことにより、被保険者等との間に混乱のないようにすること。

 

つまり一部負担金は、施術費用額に保険割合を乗じた金額を四捨五入して10円単位にすることで一部負担金の窓口金となります。

 


 

 

 

ご家族や職員の負担を軽減する気持ちは理解できますが、保険請求をするのであれば一部負担金を規定通り徴収する必要があり、ご家族や職員であっても同様です。

 

また、自家診療の保険請求を認めていない保険者もありますので、十分な理解と対応が必要と思われます。

※医科では自家診療は認められておりません。

 

 

今後も返戻情報を随時お知らせいたします!

よろしくお願いいたします。