ジャパンいちば

ニュース

News

ジャパン

未就学児の負担割合って??

日本ではすべての国民が公的医療保険制度に加入しなければならないことになっています。

既にご存知の内容かと思いますが、重要な内容なのでぜひご一読のうえ、改めて理解を深めて頂ければと存じます。

 

公的医療保険制度には、国民健康保険や共済組合、協会けんぽなどの種類がありますが、どの公的医療保険制度も負担割合は年齢や所得などにより異なります。

 

 

下記の年齢別負担割合をご確認ください。無題のサムネイル

 

今回はこの中でも未就学児の負担割合についてお話いたします。

 

 

■未就学児とは・・・

0歳から6歳の小学校に入学する前(3月末)までの子供を指します。

 

 

未就学児の方の負担割合は2です。(公的医療保険制度)

 

 

市区町村などの各自治体ごとに、乳幼児医療費助成制度があり、自己負担分の全額または一部が助成されることがあるため、小さなお子さんは3割負担でも2割負担でもあまり関係がないと思っている先生方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

医療費助成制度を使用せず請求しているケースで、未就学児の負担割合相違の返戻が頻繁に発生しています。

 

 

未就学児の請求にかかわらず、請求をあげる際には保険証を十分に確認の上、正しい負担割合でご請求をお願いいたします。

 

ご不明な点がございましたらご連絡ください♪