ジャパンいちば

ニュース

News

ジャパン

「治療院」「整骨院」は認められる?第4回広告規制検討会開催

平成30年11月22日、4回目となる「マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会」が開催されました。今回は、これまでの議論を踏まえた論点の整理が行われました。

 

構成員の議論では、主に施術所名について多くの時間が費やされました。主にあはきの施術所名で使用されている「治療院」と、柔整の施術所名で使用されている「整骨院」を、施術所の名称として認めるかどうかが論点となり、様々な意見が飛び交いました。

保険者側は、医療機関との差別化のためとして、この2つは断固認めないというスタンスでしたが、有識者の中からも、これらの名称で国民が医療機関と混同するとは思えない、という意見が出るなど、形勢としてはやや認める方向に分があるように感じました。

 

ほかにも、往診などの「診」の使用可否についてや、料金表記の可否についてなど、議論すべき内容は多々ありましたが、多くは次回へ持ち越しとなりました。

 

厚生労働省は、年度内のガイドライン作成を目指し、引き続き継続して検討会を開催していく方針です。また情報が入り次第、皆様にお伝えいたします。

 

検討委員会の詳細はこちらの厚生労働省ホームページよりご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_547242.html